暮らしの中のクリーンエネルギー、LPガスをより安全に快適に。三重県LPガス協会

HOME お客様向け 事業者向け 補助金制度 お近くの販売店 協会情報


お客様向け

HOME >お客様向けサービスTOP > LPガスって/LPガスの特性

LPガスの特性 ~LPガスとは

LPガスとは、「Liquefied Petroleum Gas」液化石油ガスの略称で、頭文字をとってLPガスと呼ばれています。
LPガスは、炭素と水素の化合物で、炭素数3のプロパン(C3H8)と炭素数4のブタン(C4H10)と2種類があり、一般家庭用ではプロパン=プロパンガスが使われています。
また、LPガスは、液体の状態で貯蔵・配送され、使用時には気体で消費されます。
たとえばプロパン10kgが気化すると→約4.82m3となります(地域・気温により若干異なります)

使用上の留意点
LPガスのガス漏れ警報器は部屋の低いところに設置してあります
ガス漏れがあった場合空気より重いので、床面などの低いところに滞留するためです。

LPガスと都市ガスの比較
都市ガスには、地域によってさまざまな種類のガスがあります。
そのため、同じ消費設備や器具が使用できない場合があります。 家庭用LPガスは、日本全国同じ消費設備や器具を使用することができます。

LPガスの性質

1.空気より重い
LPガスは空気より重く、もれると低いところや物かげにたまる性質があります。もしガスがもれたら、特に下のほうの風通しを良くしてガスを屋外に追い出しましょう。


2. ニオイをつけてある

LPガスそのものは無色無臭ですが、もれたとにき分かるようにガス特有の臭い(異臭)をつけてあります。

3.燃焼には新鮮かつ、たくさんの空気が必要

LPガスが燃焼するためには新鮮かつ、たくさんの空気(酸素)が必要です。室内でガスを使用するときは、十分に換気をしてください。換気が不十分な場合は、不完全燃焼を起こしCO(一酸化炭素)が発生しますので十分注意してください。

4. 液化した状態で容器(ボンベ)に入っている

LPガスは圧力をかけて液化した状態でLPガス容器(ボンベ)に入っています。

5.クリーンなガス

LPガスは環境負荷が相対的に小さく、クリーンなエネルギーであると位置付けられています。またLPガスには人体に有害なCO(一酸化炭素)は入っていません。

 

(一般社団法人 全国LPガス協会 周知文書より引用)

ページのトップへ


会員専用ページ 個人情報の保護方針 サイトマップ お問い合わせ総合窓口 一般社団法人三重県LPガス協会