暮らしの中のクリーンエネルギー、LPガスをより安全に快適に。三重県LPガス協会

HOME お客様向け 事業者向け 補助金制度 お近くの販売店 協会情報



お客様向け

HOME >お客様向けサービスTOP >もしもの時の安全対策

もしもの時の安全対策

マイコンメーターの仕組みと安全性(S型メーターの場合)
ゴム管が外れたり、ガスが不自然に大量に流れると自動的にガスを遮断します。
消し忘れ、お風呂のつけ放しなど必要以上に使用時間が長い場合は自動的にガスを遮断します。
ゴム管にヒビがあったとき 微少な漏れが30日以上流れ続けた場合、警告表示します。
震度5相当以上の地震の場合、 ガス使用中であれば、自動的にガスを遮断します。
警報器が鳴ったとき ガス漏れ警報器などの異常信号で、ガスを遮断することがで きます。(ガス漏れ警報器とメーター器を専用のコードでつないでいる場合)
配管のガス圧力が低下したときやガス配管の圧力が低下したときに自動的にガスを遮断します。

 

これらの場合の際、安全のために作動します。

 

もしガスが止まったら
1.器具栓や元栓をすべて閉めます
2.外に出てガスメーター器を確認してください
3.メーターのランプが点滅している場合、復帰ボタンを押します。
(キャップがある場合ははずしてください)
4.復帰ボタンを押した後、1~2分間後、点滅ランプが消えます。

※ 以上の作業で通常どおりご使用いただけます  

※もしガスが使用できないときは、ガス販売店までご連絡ください。

【マイコンメーターの復帰方法】
 復帰ボタンを押してすぐ離す。そして約1分間待つ。

※ボタンにキャップのあるタイプもあります。
※器具栓を全て閉めて、使っていないガス栓が閉まっていることを確認して復帰ボタンを押してください。
赤いランプと液晶が点滅します。ガスもれがないかマイコンメーターが安全確認を行いますので約1分間お待ちください。異常が無ければ、赤いランプの点滅と液晶の文字が消えます。これで復帰が完了となりますので開栓してお使いください。
※復帰しない場合は、復帰を繰り返さずLPガス販売店にご連絡し、点検を受けてください


(一般社団法人 全国LPガス協会 周知文書より引用)

 

ページのトップへ


会員専用ページ 個人情報の保護方針 サイトマップ お問い合わせ総合窓口 一般社団法人三重県LPガス協会